このエントリーをはてなブックマークに追加
システムと言う言葉の使われ方

システムと言う言葉の使われ方

人間が生まれ、生活しているこの世界では、当然ですがいろいろな問題が生じます。
人間同士のいざこざだけでなく、自然と人間、動物と植物など他にもいろいろな対立が生まれるからです。
人種といいますと語弊がありますが、住んでいる地域により生活スタイルが全く違い、互いに自らを主張することもこういった争いの原因の一つでしょう。
世の中にはいろんな組織や組合、グループなどが活動していますが、円滑に稼動するために、システムと呼ばれるものを取り入れることが多いです。
システムという言葉自体はかなりあいまいな部分があり、細かいところまでは定義されにくいものです。
語源は「結合する」という語句から来ていますが、さらに「共に立てる」を意味する動詞でもあります。
すなわち、相互に影響を与え合う要素から構成される、まとまりや仕組みの事と言えます。
そこで前述の組織やグループなど大きな意味ではシステムと言う事もありますし、他にも機能的に動作する仕組みの事もシステムと言います。
分かりにくい言い回しになってしまいましたが、生体系のシステム、管理システム、経済システム、情報システム、オペレーティングシステムなどという言葉は普段から使われている言葉でもあり、深い意味を考えなくてもおおまかなニュアンスは理解できます。
大別すると人間の取り決める従来からの生活習慣や、円滑に交流が出来るようにするための仕組みと、近代のコンピュータが発達してきたことにより、それまでは人間の手でやっていたことを機械的に行わせる作業の2つに分けることが出来ます。
「〜システム」と呼ばれるものの多くはコンピュータ化された作業の事を差します。
自動化されたと言い換えることが出来ます。
地球規模で考えますと、何十億という人口がありますから、一つのシステムで統一することはとても出来ませんが、国や地域、組織や団体ごとに分けることによって合理的に活動することが出来るまとまりを作ることがとても大事だと言えます。

Copyright 2014 システムと言う言葉の使われ方 All Rights Reserved.